VBに関する備忘録 [2014/10/14]

■MySQLとの接続
・MySQL用connector をインストール
http://dev.mysql.com/downloads/connector/net/

・「プロジェクト」「参照の追加」で「Mysql.data」を選択
MySqlConnection クラスで接続を作成

■Singletonを実現
Public Shared Function にて実装

■VisualStudio2012行番号表示
「ツール」「オプション」「テキストエディター」「Basic」で「行番号」にチェック

■VisualStudio2012でのキーバインドの変更
「ツール」「オプション」「環境」「キーボード」で割り当てる内容を選択し、それに対応するショートカットを登録

■VisualStudio2012でのCtrl+クリックで定義に移動
いちいちF12は押してられない。
「ツール」「拡張機能と更新プログラム」で「オンライン」の検索で「Productivity Power Tools」で検索し、インストール。
Ctrl+クリックで定義に移動ができるようになる。

■値を返さない関数の場合
Return Nothing を明記すれば警告は消える
そもそも値を返さなければ、Sub でOK

■イベントハンドラーセット
AddHandler btn.Click, AddressOf Button1_Click
→ 要素btn のクリックイベントを Button1_Click 関数に割り当て

■データバインディング
headerLabel.DataBindings.Add("Text", model, "pIndex", True, DataSourceUpdateMode.OnPropertyChanged)
→ headerLabelの「Text」プロパティにmodel の「pIndex」を割り当てる。

■画面遷移
Actionscript でいうViewstackはない
formの表示、非表示で切り替える

■表
DataGridViewで実装

■タブ
TabControlで実装