SIMフリー端末に変えてみた [2014/10/10]

■経緯
softbankで契約していたiPhone5ですが、大して使ってなくても月額5,000-7,000円と結構かかかっていた。
そこでsoftbankに相談。

「外での通信はモバイルルーター使うから通話だけのプランはないですか?」
「あります。2,700円+300円で3,000円くらいです。」
「全く使わなくても最低3,000円はかかるということですか?」
「はい。」

とのこと。
どうしようかと悩んでいると、なんとちょうど先月から更新月。解約に伴う違約金はかからない。
「そうだ。simフリーにしよう。」

■SIMフリーへ
電話番号は変更したくないので、MNPできるSIMを扱っている通信会社を探す。
多々あるが、
「1,560円(税別)で通信速度最大200kbpsのデータ通信が無料で使い放題」というb-mobileに決定。

■SIMフリー端末を探す
探すと結構数があり、迷ってしまう。
CoviaのSIMフリースマートフォン「FleaPhone CP-F03a」が1万円台でよさそうな評判。
テザリングもできるとのことで、こちらで決定。

■使用感
・端末が届く。まだSIMカードが届いてないので、無線LAN内だけで動作確認。
縦スクロールがひっかかる感じがする。

・写真を撮ってみる。iPhone5と比べると明らかに劣る。安いから仕方ない。カメラはあきらめよう。

・SIMが届く。早速電話。問題なさそう。

・外での通信を試してみる。やはり遅い。
とはいえ外での通信は頻繁ではないので許容できるが、b-mobileのオプションを思い出す。
「1年継続オプションをお申し込みいただくと毎月高速データ通信1GBを無料で追加できます」を追加。

・これまで使っていたiphone5は、電話と外での通信ができないだけで問題なく使える。カメラやアプリの動作確認用として、引き続きがんばってもらおう。

・SIMフリー端末代金、MNP転出料金 、b-mobileの初期費用はかかってしまうが、一時的なもの。
携帯電話の月額費用の削減に成功。

■時代が変わる
総務省がSIMロック解除を要請するなど、携帯電話を取り巻く事情は大きく変わりそう。
大手キャリアはモタモタしてるとMNPで転出されてしまうのではなかろうか。